手記

wired scape. by Naoki MIYASHITA

 rainbow bridge.  body : Panasonic GX7 / lens : LUMIX G MACRO 30mm F2.8 ASPH. MEGA O.I.S.

rainbow bridge. 
body : Panasonic GX7 / lens : LUMIX G MACRO 30mm F2.8 ASPH. MEGA O.I.S.

月に一週間は東京に滞在しています。

今回はその合間に仕入れ・マーケティング・打ち合わせを含めて
インテリアライフスタイル展へ。

会場の東京ビッグサイトと東京を結ぶのがレインボーブリッジ。

二輪・四輪、それにリニアに至るまでも。

交通手段を束ねて、東京湾をほぼ一周回るこの橋からの景色には、
その流れに身をあずける度、いつも何かしらの高揚感がある。

 

ふと思い出すのは、
スイスのチューリヒからイタリアのミラノへの高速鉄道で移動した時のこと。

数百メールの高低差を埋めるために、
規模は全く違うけれど、かなりの時間をかけて同じように円を描いていたのを思い出す。
大学2年の夏、ミラノの友人の友人を訪ねてのことだった。

ぐるりとひと回りして、
同じところに帰るのではなく、新しい世界へ。

それにはこの張り巡らされた現実が少しやっかいである。

liquid line of rainy season. by Naoki MIYASHITA

山手線の内側と外側を地下鉄を乗り継いであちらへこちらへ。

近頃の東京は少し目を話すとぽっかりと空洞が生まれ、
次の瞬間には新たな施設が生まれます。

 開発がまだまだはじまったばかりの虎ノ門エリア

開発がまだまだはじまったばかりの虎ノ門エリア

夕方に足を伸ばした虎ノ門もそんなエリアのひとつ。

真新しい高層ビルの裾野には身をやつすように、
パブリックなシェアスペースが。

近代的、なオフィス空間と思い込みがちな施設には似つかわしくない、
突然そこに描かれた曲線が生み出す景色には、
梅雨時の雨を誰よりも軽やかに受け止める紫陽花の姿が映えるのでした。

 Processed with VSCOcam with q1 preset

body : Panasonic LUMIX GX7
lens : OLYMPUS M.ZUIKO DIGITAL ED 14-150mm F4.0-5.6 II

Sunday afternoon at Tokyo. by Naoki MIYASHITA

フリーランスになると、週末にわざわざ人混みの中に飛び込むようなことはしない。

自由なのか、不器用なのか。

個人的に快適と思う時間の中で過ごすようになるわけだけど、
そうしてどんどんと巷のひとたちとズレていく。

時々、
何か思いついたようにそのズレに寄り添ってみようと、
そんな言い訳をつぶやいては日常に還っていく。

ひさしぶりの東京の日曜日。

京都にいると忘れてしまう人だかりの中では、
思ったよりも光は柔らかで、それでいて、喧騒は穏やかに感じられる。

あちこちで、夏のサインが見えた、
そんな昼下がり。

plants and planet. by naokingdom@mac.com

「蝶や鳥にとって理想的な構造体は植物そのものである」
そんな風に何かで教えてもらったことがる。

人がどんな画期的で機能的な素材を発明したとしても、
もしかして本当にそれを上回ることはできないのかも。

もちろん、
人は花の上にふわりと飛び移り蜜をむさぼることはないし、
方向性が違う、ということだけなのかもしれないけれど。

そんなことをまたあらためて思い出したのは、
植栽に宇宙を感じたからで。

 

台北から京都へ。

またしばらくは、
見えない重力とのバランス調整です。

台北から京都へ、7日ぶりに帰国しました。 by Naoki MIYASHITA

台北最終日は早朝便での出発。

 Processed with VSCOcam with p5 preset Processed with VSCOcam with p5 preset

予想に反して時間よりも早く登場したタクシードライバーに、
「まだ10分あるよね?」と断りをいれるなり、
最後まで足を踏み込まずにとっておいたゲストハウスの近くの小径へ。

想像以上の萌えスポットでした、やっぱり。

 Processed with VSCOcam with hb2 preset

というよりもこんな場所、本当にどうして残っているのか、、、
ファッションスナップとか、ロケに仕事であらためて期待です。

さて、月末に向けて2014年度のラストスパートです!

というよりもこんな場所、本当にどうして残っているのか、、、
ファッションスナップとか、ロケに仕事であらためて期待です。

さて、月末に向けて2014年度のラストスパートです!

[ お知らせ ]

3/28,29 に宮下のアトリエにて京都と台北のデザイナー・職人のアイテムを取り揃えたポップアップショップを開催致します。

詳細はまたご案内しますが、お楽しみに♪ 

Needle to Leaf. お茶のある美味しい暮らしを by Naoki MIYASHITA

ほぼ一年がかりで取り組んだプロジェクトが、今日、本格的に動きはじめました。

タイタン・タービンの一員として、河原尚子さん、河原司さんと一緒に取り組ませて頂いた今回のお題は、老舗のお茶屋の新業態開発。

僕らからの提案は、お茶を美味しいと感じてもらうことでした。

当たり前の提案なんですが、それができていない世の中です。ペットボトルのCMで、ペットボトルと急須で淹れたお茶に大差がないと公言してしまう世の中です。

ペットボトルのお茶が美味しくなることは大歓迎です。しかし、それは、本来のお茶の美味しさをみんなが知っていることが前提。

伝統文化とか工芸とか、たしなみとか。みんなその前提が崩れてしまっているから、おかしなことになっているわけで、、、

だからこそ「美味しいお茶を味わえるお店」を提案することにしました。

とにもかくにも、新しくも珍しくもないことを仕事として提案することはとてもチャレンジなことです。

そんなチャレンジに尚子さんと司さんと3人で取り組み、今日を迎えてふと込み上げてきたのがこの言葉。

「面白きこともなき世を面白く 住みなすものは心なりけり」

新しくないものを世の中に提案し直すというのは、どこかでかの高杉晋作の言葉に通じるようです。

恥ずかしながら、まだまだ間に合ってないものが多く、いまだ陽の目をみないものもあるのですが、Needle to Leaf と名付けた店名には、「お茶の美味しさとともにある美しい暮らし」への願いが込められています。

日本だけだといいますが、例えば針のように形を整えられたお茶の葉が、人とお茶の美味しい関係をつなぎ、縫い合わせてくれたらと思うわけです。

そんなこんな、当たり前を提案してばかりの今回の仕事のの中で、唯一新しいものを提案させて頂きました。

まだ販売がはじまっていませんが、新しいお茶をクライアントと一緒になって開発。これが、かんたんで美味しくて美しいんです♪

みなさん、お楽しみに。

‪#‎Terminal81‬

神社・寺院数のランキング。 by Naoki MIYASHITA

相変わらずのゲリラ豪雨といっていいのか、今日の京都市内も激しい雨が降り続きました。鴨川も昨年以上に水位は激しくあがり、桂川の二の舞になるのではと戦々恐々。。。

そんな中でも打ち合わせをしていたわけですが、あれこれとつれづれに話しが続く中で「滋賀県の方が京都よりお寺が多い」という話しを耳にしました。

「えー!!」っと驚いたわけですが、あらためてググってみると、実は滋賀県も一番ではないと。一番は愛知県みたいです。。。で、大阪・兵庫ときて、滋賀県は4番目で京都は5番目。

思い込みって恐ろしいですね。ちなみに神社数でいくともっと下がって京都は18番目です。一番多いのは新潟県。愛知県と兵庫県は神社・寺院のどちらの数でもbest4に入っていて安定の強さ!?いや、ほんと知らなかったです。内訳なんかをみればまたいろいろ分かるんでしょうけど、それはまた機会があればということで。

参考:http://todo-ran.com/t/kiji/14362 ※2009年の統計のようです

特別展 建築家・ガウディ×漫画家・井上雄彦 -シンクロする創造の源泉 by Naoki MIYASHITA

就職活動を終えて、なぜか建築学科の友人が多くできた。

で、あらためてガウディの素晴らしさに気付いた僕は、その勢いで最後の冬休みをロンドン・ブライトン・バルセロナで過ごす事にしたのを思い出します。

未完の大聖堂は工法を見直した事もあり急ピッチで出来上がってきているようで、この特別展においても内部の出来上がり具合とか色々驚かされました。

いろいろ事情もあり、駆け足で見るしかなかったのですが、最初の導入の映像の部屋にあったガウディの言葉。

正確には憶えてないのですが「人は見たものからしか想像できない」といったようなことを。

これ、いつも自分がレクチャーとか講演する時にいう事なんですよね。だからこそ、みたこもきいたこともない状況で何かを発想し想像できるひとがいるとすれば、それは本当の天才ですと。

それは決してコピーとかマネとか、そういうことではなくて、その上で自分という個のキャラクターが差し込まれる事によって新たなオリジナルが生まれるのだと思います。

その発想元がどれだけ豊かで、視点が個性的であるか。そして、それを具現化するためにどれほどの努力ができるか。ガウディの建築物には、それが如実にあらわされていると、また感じさせてもらいました。

また自分の想像の源泉の在り方を考える時期なのかもしれないです。